メニューを開く

個人向けサービス 代表的な事例

個人向けサービス
代表的な事例

ゲームやSNSで知らない人とやりとりしてるけど大丈夫?

タカシ君はネットゲームが大好きで、ゲームの中で一緒にプレイする友達がたくさんいます。
お母さんが聞いたところ、実際にあったことはないけれどゲームの中でお友達と会話ができるそう。そして今度、友達のひとりに誘われて、実際に会う約束をしたのだそうです。お母さんは心配でなりません。

タカシが今度オンラインゲームで知り合った人と会う約束をしたんだって。すごく気が合うから、絶対に変な人じゃないって言うんだけど。実際はどんな人か分からないでしょ。

それはちょっと心配だな。親が付き添うと言ったら絶対嫌がるだろうし。うまい方法ないかな。RANDTECに聞いてみようか。

お父さん、お母さん、こんにちは。オンラインゲームは最近とても進化していて、一緒にゲームを進めるだけでなく、会話ができるからお友達になりやすいようです。でも、実際に会うとなると気をつけないといけません。子どもだと思って会ってみたら、実は大人だったということもありますし。

もし、相手が大人だと分かっていたら、絶対にひとりで行かせたくないわ。

子どもどうしだとしても、いろいろな影響を受けてしまうかもしれません。オンラインゲームにはアイテムをゲットするための課金制度もありますから、そのやり方を教えられて高額請求を受けてしまったり。友達に追いつくために必要以上にのめり込んでしまう可能性もあります。

頭からお友達を疑ってかかるのはよくないけど、リスクを考えるとやめさせたほうがよさそうだな。本人は納得しないかもしれないけど、親の責任としてしっかりと説明しないといけないな。

こうなる前に注意すべきだったけど、人とつながるオンラインゲームやSNSにはやはり親がしっかりとチェックしなければいけなかったわね。

スマホ利用に制限をかけ、子どもへの悪影響を防ぐ!

悪意をもって人に接近しようとする人物や、子どもに不必要な影響をもたらす人と出会わないようにするには、親がしっかりと子どものネット利用状況を把握しないといけません。
信頼できるゲームだけ利用を許可したり、スマホの利用時間に制限をかけるなど、フィルタリングを活用してください。

個人向けアプリを試す

トップに戻る