メニューを開く

企業向けサービス 代表的な事例

企業向けサービス
代表的な事例

サーバーの安全性が気になるが対応がわからない…

出版社のD社は今までの自社セキュリティの甘さを見直すことになりました。どうやら、サーバーのOSやソフトウェアにプログラムの不具合を原因としたセキュリティホール(脆弱性)があり、このままだとホームページが改ざんされるなど、外部から攻撃を受ける可能性があるようです。
しかしどのようにメンテナンスを行っていけばいいのでしょうか。

OSやソフトウェアを最新に保つ

セキュリティホールを塞ぐために、OSやソフトウェアのアップデートを行い、常に最新の状態を保つようにします。一度塞いでも新たなセキュリティホールが発見される場合があるため、更新情報はまめにチェックし、迅速にアップデートを行わなければなりません。ただしセキュリティホールが発見されてから、メーカーがアップデートを配布するまでの間に攻撃される場合もあり、完全な対策は困難といえるかもしれません。

RANDTECの解決方法

フィルタリングブラウザで企業サイトを監視します

RANDTEC所有の監視システムにより、ホームページの状態を24時間監視します。そのため、まずはカウンセリングによりサーバーのセキュリティを強化し、運用ルールなどもご提案いたします。また、バックアップを確保し、万が一の事態になっても迅速に復旧させることができます。

企業向けサービスのお問い合わせはこちら
トップに戻る