メニューを開く

企業向けサービス 事例集

企業向けサービス
事例集

2016年3月17日
社内の未公開情報が流出!どう対処する?

D社は自社が主催するセミナー参加者の個人情報が、流失したことを発見しました。原因は自社の管理サーバーの設定が甘く、インターネット上で閲覧可能な状態になっていたため、非公開情報が誰でも参照できる状態にあったことです。サーバーのぜい弱性を狙われてサイバー攻撃されてしまったようです。

続きを読む

キーワード :

2016年3月17日
社員がスマホを紛失!?大切な情報が盗難の危機に

A社の営業マンKさんは取引先からの帰り道において、社内の機密情報や顧客情報がメモリーされたスマホをうっかり紛失してしまいました。しかもA社としてPCやスマホが紛失した場合に備えた対策も取っていなかったため、大切な情報が盗まれてしまう危険性があります。

続きを読む

キーワード :

2016年3月1日
サーバーの安全性が気になるが対応がわからない…

出版社のD社は今までの自社セキュリティの甘さを見直すことになりました。どうやら、サーバーのOSやソフトウェアにプログラムの不具合を原因としたセキュリティホール(脆弱性)があり、このままだとホームページが改ざんされるなど、外部から攻撃を受ける可能性があるようです。 しかしどのようにメンテナンスを行っていけばいいのでしょうか。

続きを読む

キーワード :

2016年1月30日
自社の通販サイトを装った詐欺サイトがある

家電の専門店を展開するC社は、最近自社の通販サイトを装った詐欺サイトが存在することを被害者からの連絡で知りました。 詐欺サイトは自社のサイトデザインを模倣してつくられており、はた目には判断がつきません。被害者によると、商品を購入して代金を振り込んだものの、一向に商品が届かなかったそうです。 そればかりか、申し込みの際に登録した個人情報が搾取されたと思われます。

続きを読む

キーワード :

2016年1月30日
事実無根の噂を書きたてられて困った…

食品メーカーのB社は最近、ネットの掲示板に書き込みされている自社の商品に対する風評被害に悩まされています。書き込み内容は全く事実無根のものであり、悪意のある者がB社の社会的評価を下げるために書き込みを行っているとしか思えません。 このまま放置していては誹謗中傷が拡散し、事実として一人歩きしていく可能性もあり、自社の営業活動にも影響を及ぼしかねません。 一体どのように対策をしていけばよいのでしょうか。

続きを読む

キーワード :

2016年1月30日
個人情報が流出してしまった!

大切な顧客情報が流出してしまった機器メーカーのA社。原因はある社員がPCに入れていたファイル共有ソフトでした。ウィルスに感染したファイルと気づかずに業務用のPCにダウンロードしてしまったため、ウィルスがファイル共有ソフトを介して顧客情報を流出させてしまったのです。顧客情報が漏えいしてしまうと、企業の信用が大きく傷つけられるだけでなく、最悪の場合は損害賠償に発展する危険性があります。

続きを読む

キーワード :

トップに戻る