メニューを開く

MUFGコインのような仮想通貨の考察

三菱東京UFJ銀行は独自に開発中の仮想通貨[MUFGコイン]を来秋、広くの一般の利用者向けに発行するそうです。
ITを活用した金融サービスフィンテック一貫で、利用者同士が手軽にやり取りしたり割安な手数料で外貨に交換可能。
企業としての信頼性の高い銀行業のUFJが行うので、仮想通貨の裾野が広がることが予想されます。

一方、犯罪捜査は収益の流れを口座間の履歴で確認したり、金融には匿名性排除が犯罪抑止のためには不可欠です。
例えば、資金の流れが解明できなくなることにより、本来見えるはずの取引が分からなくなる恐れがあります。

MUFGコインをスイカのポイントに変換して、ビットコインに変換してとなった場合、調査する場合には
それぞれの履歴が必要になります。仮想通貨の利便性を損なう危険性を含んでいることを使用者は理解するべきです。

ビットコインはアンダーグラウンドもしくはアウトローの分野での決済手段として用いられ、幅広く普及しました。
匿名性がもたらす危険性を排除するために、匿名性の高い通貨やポイントは用いない方が良いです。

決済手段が増えることは大変良いことではありますが、インターネットのような匿名性の高い仮想世界での通貨には
危険が伴うことを熟知しておく必要があります。仮想通貨技術は暗号で(数学的に難解な)方式で採用しているのも
が多くこれらは破られないということを前提に作られたものではありません。

保存してある場所を乗っ取られたりすることで十分盗用のリスクにさらされます。
盗まれたとき、自己責任なのか、事業者側が責任を取るべきなのか、しっかりとした議論とともに、仮想通貨が
広がることを期待します。

個人向けアプリを試す

トップに戻る