メニューを開く

詐欺サイトに気づかず、クレジットカード情報を盗まれてしまった!

Dさんは日常的にネットショッピングをするのが大好き。先日、お買い得情報をうたうメールがDさんに届きました。そこにはずっと前から気になっていたブランドのバッグが、半額セールになっているとの情報が記載されていました。またとないチャンスにDさんはメールのリンクからサイトにジャンプし、クレジット決済を済ませました。しかし商品は一向に届かないばかりか、後日送られてきたクレジットカードの明細には身に覚えのない買い物の記載がありました。この時点でDさんはバッグを購入したサイトが詐欺サイトで、自分のクレジットカードの番号を盗まれたことに気がついたのです。

発生時の対応

Dさんがまず取るべき行動は、クレジットカード会社に連絡して相談することからはじめます。連絡を受けてクレジットカード会社が調査をした結果、不正利用だと判明すれば盗難保険申請の手続きをすることになります。そして更なる被害を防ぐため、クレジットカード番号の変更などの対策を取ることも必要です。詐欺サイトについては警察に通報し、新たな被害者が出るのを未然に防ぐことも大切です。今後は詐欺サイトの特徴を把握し、表示させないように気を付けましょう。

RADTECでは

RANDTECではフィルタリングアプリがフィッシングサイトなど、詐欺サイトを表示しようとしたときに警告を発し、危険サイトの利用を未然にブロックします。お客様は通報機能を使って詐欺サイトの存在を知らせたり、実被害が起きたときの対応を相談することができます。RANDTECはお客様からの相談を受け、必要と判断した場合には対策チームを結成し、警察や裁判所への対応などを行います。

個人向けアプリを試す

トップに戻る