メニューを開く

自分の写真がネットに流出してしまった!

中学1年生になる長女のエリちゃんは、スマホでツイッターやフェイスブックなどのSNSを利用しています。毎日自分や友達との写真を載せた書き込みを頻繁にしていましたが、ある日ネットの掲示板に自分の写真が流出されているのを知りました。また最近では、外出中に道端で知らない男性から声をかけられました。
不安になったエリちゃんは、お母さんに相談したそうです。

お母さんのイメージ

聞いてよ。最近エリが知らない男性に声をかけられたんですって。何でも写真を撮らせてくださいとお願いされたとか。

お父さんのイメージ

それはまずいな。何か対策をとる必要があるね。

RANDTECくんのイメージ

お父さん、お母さんこんにちは。娘さんのこと、心配ですね。エリさんはよくSNSを利用されますか?

お母さんのイメージ

ええ。ツイッターやフェイスブックで友達と遊んだ記事をよく書き込みしています。なんでも自分の写真がネットに流出してしまったと言っていました。

RANDTECくんのイメージ

おそらくSNSの書き込みや写真からエリさんの学校を調べられた可能性がありますね。お友達と写真を撮った場所や書き込んだ文の内容から、生活環境が特定される可能性があるため、SNSを利用するときは注意しないといけません。

お母さんのイメージ

そうなんですね。エリによく言っておきます。でも、現状はどうしたらいいんでしょうか。

RANDTECくんのイメージ

エリさんの場合、すでにストーカー行為の被害に遭っている可能性がありますので、私どもの専門家チームと一緒に対策を考えていきましょう。場合によっては警察や裁判所、SNSサービスの会社との交渉といった対外処理を取らせていただきますので、ご安心ください。

お父さんのイメージ

ありがとうございます! よろしくお願いします。

ストーカー被害にも発展する個人情報の流出に対応!

顔写真や街中の写真をSNSに掲載するときは、生活環境が特性されやすいので、注意が必要です。気軽に書き込みできるSNSですが、ネット上での写真公開がストーカー被害にまで発展する可能性も考えなくてはいけません。RANDTECでは、危険なワードや個人情報の投稿を防いだり、感知するフィルタリングアプリの機能を利用することができます。もしも迷惑行為にあった際には、お客様と相談しながら、裁判所、警察、プロバイダー、SNS等のサービスなど各方面への対応やスケジュールの調整を行います。

個人向けアプリを試す

トップに戻る