メニューを開く

オンラインゲームでアイテムを売ったが代金が支払われない!

Y君はオンラインゲームが好きで、日常的にプレイしています。特にハマっているのが、複数人が同時に参加するオンラインRPGで、ゲームを一緒にプレイする知人もたくさんいます。ある日、Y君は自分が獲得したレアなアイテムをネットショップに売ることにしました。代金はY君の銀行口座に振り込まれる予定です。しかし、いつまで経ってもそのネットショップから代金が振り込まれませんでした。このとき、Y君ははじめてそのサイトが詐欺サイトであること気が付きました。

発生時の対応

オンラインゲームの世界では、ゲーム内で利用する仮想の通貨だけでなく、実際のお金のやり取りが行われています。自分が獲得したレアで価値のあるアイテムや、時間をかけて育てたキャラクターなどを他のプレイヤーと売買するのです。最近ではこれらの取引を商売にしたRMT(リアルマネートレード)代行業者も登場しました。彼らの仕事は、レアアイテムを欲しい人に転売することで利ザヤを稼いだり、時間のかかるキャラクターの育成を代行して行ったり、強いキャラクターを人に売ることで利益を得る仕組みになっています。RMTは青少年が多くプレイしているオンラインゲームにおいて、モラル的に問題視されています。実際のお金が絡むことで若い人が借金を作ったり、詐欺のトラブルに巻き込まれたりするケースが散見するからです。

事前の対策

Y君の場合も実際のお金を取引きしようとして、代金が支払われないという詐欺にあってしまいました。顔の見えないネットでの金銭の取引は特に注意しなくてはなりません。こうしたトラブルに巻き込まれないためには、できるだけ相手の素性を把握する必要があります。ネットショップの評判を確認してみたり、少しでも信頼できない相手と感じたら、金銭取引をしないように気を付けるようにしましょう。Y君の場合、消費者センターに相談したり、警察への届け出などを検討する必要がありますが、一連の手続きには多額のお金がかかる可能性を覚悟しなくてはいけません。被害者による集団訴訟なども考えられますので、時間も必要になってきます。

RADTECでは

RANDTECでは、こうしたオンラインゲームに蓄積されたアカウント情報から相手の素性を把握することで、ユーザーが詐欺サイトの被害に遭うことを防ぎます。またフィルタリングアプリが詐欺サイトなどの危険なサイトへのアクセスを遮断します。もし、詐欺に遭ってしまった場合、警察や裁判所などの手続きについても相談することができます。

個人向けアプリを試す

トップに戻る